妊娠のことならココ妊娠解決サイト

妊娠に対する不安を解消します。妊娠兆候から、初期症状などすべてを解決します。

メニュー| 妊娠の兆候1 | 妊娠の兆候2 つわり | 妊娠から出産後について | 妊娠の経過 初期症状 | 妊娠の経過 妊娠中期と後期 | 妊娠の過程 | 妊娠について |

妊娠について

妊娠についての生物学的な定義とはどのようなものかを説明します。

妊娠(にんしん)って、哺乳類など胎生の動物特有のものです。メスや人間なら女性の胎内、つまり子宮における、受精卵が着床してから出産や流産までの過程を表します。

妊娠の様子はもちろん、それぞれの種によって全く異なります。妊娠から出産までの時期や、出産時の子供の状態はかなり変わります。

妊娠のシーンで有名な馬を代表する草食獣は周りに外的が多いため、出産からすぐ歩けるようになります。妊娠からの出産でも肉食獣の場合は、比較的、未熟なままで生まれ、ほとんどの場合は出産後すぐには目を開くこおてゃありません。未熟児で有名なパンダの場合はマッチ棒ほどの大きさで生まれてきます。ほかにも有袋類もマッチ棒ほどの子供を袋の中で多くなるまで育てるというカタチです。

妊娠して出産する子供の数も動物によってまちまちです。妊娠をしばしばするネズミは多数出産します。一方、ゾウやゴリラのように、ほぼ1頭のみ出産するものもいます。妊娠は生物学的にももっとも緻密にできたものであり、母体への負担と生後の生存率に相関していると考えられている。

人間の妊娠の場合はもちろん個体差はあるものの受精後つまり、妊娠開始から約266日、腹の子(胎児)が3000g前後に育ったところで出産に至ると言われている。妊娠の話で有名な「十月十日(とつきとおか)」は実際には反映されていないのを知っていましたか?というは、これは最後の月経の初日から数え始め、しかも一月を四週でしか数えないため、実際の日数とは大きく異なる場合が多々ある。ゆえに、10月11日生まれの人間に「姫はじめでできたんだ」という風にはならないものdえある。妊娠中の女性は「妊婦」、分娩直前の女性は「産婦」、分娩後は「褥婦」、妊娠女性の胎内にいる子どもは「胎児」、生後4週間までの子どもは「新生児」と呼ばれる。

[PR]ゴールドカードハローワーク 求人