妊娠のことならココ妊娠解決サイト

妊娠に対する不安を解消します。妊娠兆候から、初期症状などすべてを解決します。

メニュー| 妊娠の兆候1 | 妊娠の兆候2 つわり | 妊娠から出産後について | 妊娠の経過 初期症状 | 妊娠の経過 妊娠中期と後期 | 妊娠の過程 | 妊娠について |

妊娠の過程

妊娠の過程を詳細に説明します。。

排卵とは

女性は胎児期の時はもうすでに卵巣の中に原始卵胞(げんしらんぽう)を持っています。早い女性では10歳頃からもう、原始卵胞を1個ずつ成熟し排出される。これを「排卵が起こる」と言う。つまり、妊娠可能な状態になります。個人差はあるが、一般に30日前後を1周期として、排卵が起こります。もちろん、20日程度で起こる人もいれば、2ヶ月ほどに1度という方もいます。

受精

排出された卵子に精子が到達して卵管膨大部で「受精」が起こる。これが妊娠です。受精した卵を「受精卵」と呼びます。卵子は一旦受精すると、それ以外の精子は受け付けない。つまり、妊娠中はさらに妊娠することが絶対にならないように体がなっています。

多胎妊娠:稀に、一卵性双胎、二卵性双胎が生まれる。現在では人工授精などの不妊治療により、三つ子(三胎)、四つ子(四胎)が生まれることも見られるようになりました。。ヘリンの法則によるとn胎の発生する確率は80のn-1乗に1例である。多胎妊娠は妊娠経過中に様々な合併症を起こしやすく、出産後も1人の子供を妊娠する時よりもよろしくありません。それゆえ、体外受精での妊娠させる場合は日本の場合は子宮内に戻す数は受精卵の数を3個と決められています。

排卵後に受精しなかった場合つまり、妊娠に失敗した場合は月経が起こり、肥大した子宮内膜は、経血として体外に排出され、生理が始まります。

子宮

排卵後の卵胞は「黄体」と呼ばれるものになり、「黄体ホルモン(プロゲステロン)」を分泌します。「黄体ホルモン」は子宮を着床に向いた状態に整える機能をもっています。

着床

受精卵はゆっくりと細胞分裂を繰り返しながら卵管を下り、およそ48時間かけて子宮にたどり着くと、子宮内膜に着床して胎盤を形成する。この着床を持って妊娠成立とみなします。

これではれて妊娠となるわけです。

[PR]クレジットカード 申込ゴールドカード