妊娠のことならココ妊娠解決サイト

妊娠に対する不安を解消します。妊娠兆候から、初期症状などすべてを解決します。

メニュー| 妊娠の兆候1 | 妊娠の兆候2 つわり | 妊娠から出産後について | 妊娠の経過 初期症状 | 妊娠の経過 妊娠中期と後期 | 妊娠の過程 | 妊娠について |

妊娠の兆候2 つわり

妊娠の兆候で有名なつわりについて説明します。

妊娠の兆候としてはよくあるつわりは妊娠初期に始まります。だいたい、生理が止まって、一週間ほどから始まるといわれています。

つわり(悪阻)とは、「妊婦特有の初期症状」であり妊娠初期に起こる吐き気と嘔吐のことです。だいたい、生理が止まったあたりからつわりが始まります。妊娠から3、4カ月ほどで自然に直ることが多いです。重症の場合はWernicke脳症の発症を予防するために、補液やビタミン剤補給を行いましょう。

つわりの原因としてはホルモンが関係していると考えられています。妊娠時のつわりはまだ解明されていない部分も多いのですが、妊娠で体質がアルカリ性から賛成に変わるなどの説もあります。しかし、つわりは心理的な要因も大きいと考えられています。妊娠時は好物だけでもよいので胎児のために食事の摂取すべきです。そして、身の回りから自分の嫌いなものを遠ざけたり、ストレスのたまらない生活を送るなど意識的に余計なものを遠ざけることが妊娠時のつわりで有効です。

下腹部が痛くなるなど下腹痛などの超初期症状が見られたり、便秘や下痢も妊娠の兆候の一つです。

妊娠兆候として、出血する場合もあります。これを着床出血といい、生理予定日にある少量の出血ですが、生理時と同量の出血がされる場合もあります。生理と勘違いして、妊娠じゃなかったと断定したら、実は生理だったということもしばしばあります。

妊娠の兆候であるつわりと生理前の初期症状は類似しているので、つわりを生理痛と勘違いし、血も出血するので、生理と勘違いなども起こります。

妊娠兆候として危険なのが、軽い出血が間隔をおいてあったり、持続して行われたときです。出血量は少ないのですが、痛みが激しく起こります。この場合は子宮外妊娠の可能性があります。受精卵が子宮内膜以外の部分に着床してしまいます。疑いがある場合は超音波検査で検査してもらいましょう。

[PR]FX株式会社 WEB CUBE